小さいけれどすごいやつ!スノーピーク ギガパワーストーブ地!

キャンプ歴30年以上のこの僕が発売当時にすぐ飛びつい思い出のシングルバーナー。

年間30日以上キャンプに行っています。

ギガパワーストーブと過ごしたキャンプはもう数え切れないほど。

最低限のことができること、それでいいがそれがいいに!

たくさんの道具使ってきましたが今残っている道具は本当に必要な厳選されたもの。

そんな道具の一つがギガパワーストーブ地なんです。

その道具の良い点、悪い点を知って納得して購入すればそれもその道具の味になります。

ギガパワーストーブ地って何?

1998年に発売されたスノーピークのシングルバーナーです。

世界最小、最軽量でキャンプ業界に衝撃のデビュー。

世界の登山家などに愛され続けてきた商品なのです。

僕ももう20年近く使い続けて今に至ります。

ギガパワーストーブ地 数々の受賞歴

1998年 (グッドデザイン賞)受賞

1999年 アメリカの権威あるアウトドア専門誌(BACKPACKER)より

editors choice Awards(エディターズ チョイス アワード)受賞

2015年 BACKPACKER editors choice Awards

(バックパッカー エディターズ チョイスゴールド2015)受賞

長い間、多くの方に指示されてきた証だと思います。

ギガパワーストーブ地の使用燃料

ギガパワーストーブ地の燃料は、OD 缶と言われるものになります。

(OutDoor缶)の略でOD缶。

普段使っている卓上コンロ用のガス缶と違い少し割高です。

野外で使うことを想定して強度な素材で作られているのが特徴です。

手軽に買えないのであらかじめ買っておく必要があります。

ギガパワーストーブ地の使い方

レバーをひねって火を近づけるだけ。

自動点火スイッチがついているタイプ(ギガパワーストーブ地 オート)はもっと簡単です。

レバーをひねって自動点火スイッチのボタンを押すだけです。

ギガパワーストーブ地の悪い点

風の影響を受けやすい

これはどのバーナーにも言えることなのですが風を直に受けてしまうと最高のポテンシャルを発揮できません。

これは風防を利用することにより解決することができます。

五徳部分が小さい

大きな鍋などを使う時は注意が必要です。

バランスを崩し熱いお湯などが倒れると危険です。

気を付ける以外にも他のメーカーから出ている五徳を使ってみるのも良いかもしれません。

クッカー(鍋)などの位置が高くなる

これも OD 缶一体型を使ったシングルバーナーには共通する点ですがクッカーの位置が高くなり不安定になります。

周りに子供などがいないか気をつけて調理する必要があります。

ギガパワーストーブ地の良い点

手のひらに収まるほどのサイズ

ソロキャンパーやバックパッカーの強い味方になっています。

僕はキャンプの片付時にポケットに入れておいて締めのコーヒーを入れるためにも使っています。

キャンプに来た時から帰るまで大活躍です。

驚きの軽さ

車でキャンプに行くときはあまり気にしないのですが、バックパックを背負って行く時などは一つ一つの道具の重量がとても重要になってきます。

この軽いというのも凄いのですが、僕が20年近く使って一度もトラブルがないんです。

この安定感が多くの人を虜(とりこ)にする理由だと思います。

火力が強い

この小さなボディで2500カロリーもあるのです。

短時間でお湯を沸かす時などストレスがかかりません😆

手頃な値段

5000円くらいで買えるところも良いですね。

スノーピーク商品には修理などのアフターサービスも充実しています。

この価格で一生使えたら安いものですね。

四角いケース付き

ケースが四角いので収納しやすい。

バックパックで行く時などパッキングしやすい。

ギガパワーストーブ地 スペック

ギガパワーストーブ地 オート

最高出力2500cal
使用サイズ109×67.5×106mm
収納サイズ45×82×37mm
重量90g

ギガパワーストーブ地 まとめ

ギガパワーストーブ地は何度かのマイナーチェンジを繰り返して今に至ります。

発売当初から既に完成されていましたが少しでも良い製品になるように変化させ続けるスノーピークの物作りは本当に凄いですね。

キャンプを始める方は一度使ってみることをお勧めします。

一生使うことのできる間違いないシングルバーナーです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました